歯根嚢胞に漢方薬

 

 

f:id:jujiyaheizo:20210405171730j:plain

 

昨年の11月に植えたチューリップが元気に花開いています。

西東京市内にお住まいのある20代の女性(2365)です。2020年の9月に初来店したのですが、歯茎に痛みを感じて歯科クリニックへ行ったところ歯根嚢胞と診断されたそうです。とりあえず半年後の3月まで様子を観ることになったそうです。ただ歯科医よりいくら若いと言っても免疫で治せる範囲ではないとも言われ、不安気味でお母さまと一緒に来店されたのです。

早速漢方薬をお飲みいただき、最初嚙むたびに痛みがあり、歯が浮いた感じだったのが徐々に改善していました。そして漢方薬をコツコツお飲みになっておよそ半年後に再度レントゲンで確認してみると歯根嚢胞は治っており、もはや手術する必要はないとのことでした。からだの組織のあらゆるところにできる嚢胞ですが、漢方薬がお役に立てて良かった症例です。本当に続けてよかったですね。

 

www.jujiya-kanpo.com

コロナウイルス感染により後遺症に悩む

f:id:jujiyaheizo:20210311144133j:plain

 先日東久留米市にお住まいの女性(4434)から、脈拍が不安定で倦怠感で困っているとの相談をお受けいたしました。ご来店頂いて症状の経緯を伺うと、二か月近く前に新型コロナウイルスに感染したということでした。勿論現在はPCR検査では陰性で、医師からの特別な手当てはないまま、ふと当店を思い出して8年ぶりにご来店頂いたというわけです。

8年前外痔核の悩みでいらした時を今でも鮮明に覚えております。劇的に痔が改善したたげでなく、ヒマラヤへトレッキングに行ってこれたと言って喜んでおられたからです。

今回は新型コロナウイルスの後遺症ということで、私も戸惑いましたが体質に合った漢方薬を服用して一週間後に、お電話で『体調は快方に向かっており、お風呂に入っても動悸はなく、息苦しくないです。また排便もスムースです。』と言ってくださいました。

実は10年近く前になるでしょうか・・・インフルエンザに感染後、一年経過しても身体のだるさが抜けないと言ってご来店になった学生がいたことを思い出しました。これもまた何かしらウイルスが悪さをしているのだと改めて教えられた次第です。

 

漢方薬の十字屋平蔵薬局(東京都西東京市)|体質に応じた的確な提案・養生指導が好評!

自主的PCR検査の結果は・・・陰性でした。

f:id:jujiyaheizo:20210119114843j:plain

厳しい寒さが続いております。緊急事態宣言下、いかがお過ごしでしょうか。依然とコロナウイルス感染者の高止まりが続いている東京です。

当店では入店時に手に炎症のある方以外は消毒液をつけて頂いております。また相談コーナーやカウンターにはアクリル板を設置し、店内は空気清浄機などで換気をしています。また相談員である私自身も健康管理に細心の注意を払っており、1/15のPCR検査では陰性を確認しております。今後もお客様の安心安全のためにも自費での検査を依頼する予定でおります。

コロナ禍にあるが故に自律神経失調症など体調不安を抱えている方は少なくはないと思います。お気軽にご相談ください。またその際はご予約の上ご来店をお待ちしております。

www.jujiya-kanpo.com

お子様の鼻炎と皮膚炎に漢方薬

 

 

f:id:jujiyaheizo:20210105175456j:plain

いよいよ年の瀬を迎えております。清瀬市にお住まいのYさんですが、お二人のお子様がアレルギー性鼻炎アトピー性皮膚炎を患っており、漢方薬で治したいということでご来店い頂きました。母親として少しでも症状を楽にしてあげたいという思いが伝わってきます。風邪や体調によっては症状を悪化させることもあるようですが、最初の頃よりも改善傾向にあり、引き続き継続服用して頂いております。

お子様が漢方薬を服用頂く際に、受けるご質問の一つが、『子どもに漢方薬が飲めるか・・・』ということです。結論としては意外に嫌がらずに飲めているお子様がほとんどです。もちろん味覚は大人よりも敏感ですので、味を受け付けず飲めないケースもあります。一般的に漢方薬の味は炎症の度合いがひどい場合は苦みも強くなるケースが多く、また逆に比較的炎症が弱い場合はそれほどでもない傾向にあります。

ご不安な場合は無理せずね少ない日数から試してはいかがでしょうか。是非お試しください。

www.jujiya-kanpo.com

妊娠おめでとう

f:id:jujiyaheizo:20201015183738j:plain

西東京市にお住いの30代M(8771)さんが最初にご来店したのは6月のことでした。タイミングを何度も試みるも妊娠せずに主人共々悩んでおりました。これまでの不妊治療の取り組みや体質など伺い、基礎体温も見せて頂くとご本人が思うほどに体温は決して低くはなく、全周期を通して36.5~67度で推移していました。また生理痛もかなりひどいご様子で、毎回2日間は痛み止めを服用すると言います。当然子宮筋腫や内膜症を心配して確認するも産婦人科ではそのような所見はないと言います。

何はともあれ早速漢方薬をお飲み頂き、最初に実感されたのは生理痛の軽減。痛み止めは飲まなくても仕事には差し支えないレベルになったと言います。その後体温表も高温期低温期と整い始め4か月後のことです。初めて妊娠反応が出たと言って喜んで来店されました。写真はその後にお飲み頂いているサプリメントです。予定日は2021年の5/11と言うことで私も楽しみです。落ち着きましたらまた元気なお顔を見せてくださいね。お大事にしてください。

 

www.jujiya-kanpo.com

突発性難聴と診断された会社員の男性

f:id:jujiyaheizo:20201009184808j:plain

朝晩と一段と肌寒くなって参りました。ある40代の男性Fさん(6351)ですが、耳鼻科を受診して突発性難聴と診断されたと言います。すぐにステロイド剤とアデホスメチコバールを服用しており最初よりも良くなっているご様子でしたが、耳の塞がった感じと耳鳴りが続いていると言います。

早速漢方薬をお飲み頂き約二週間後、症状は改善しているようです。さらにご継続頂き再再来店の折には高音域も聞き取りが良く、検査グラフにも変化が出ており、少しホッとした表情をしておられました。ただ耳鳴りは継続しているようでしたので、漢方薬を一部変えて引き続きお飲み頂いております。漢方薬の服用と同時に鍼灸院での治療も良かったのでしょう。耳鳴り改善のためにもうしばらくご継続頂ければと思います。お大事にしてください。

 

www.jujiya-kanpo.com

まったく寝れない(睡眠障害)と言って来店したYさん

f:id:jujiyaheizo:20201009174527j:plain

9/21 旭川駅周辺の紅葉

西東京市にお住まいのY(1189)さんが最初にいらしたのは7月のことでした。今までも外泊すると寝れない傾向があったようですが、一か月前よりその症状が顕著となり「朝までまったく寝れない」と言います。切っ掛けはと伺うと入浴前に血圧をいつも通り測定したのだが、その日はいつもより高く、それが気になって寝れなくなったと言います。

早速カウンセリングの後に漢方薬を分包してお持ち帰り頂くことになりました。翌月の再来店の前にご様子を知らせるお電話があり、睡眠時間が前より長くなり血圧も安定しているという事でした。Yさんは日頃から体調に関して特に敏感で、様々なことに影響を受けやすい体質のようです。漢方薬が少しでも体調維持に役立てれば幸いです。またのご来店をお待ちしております。

 

www.jujiya-kanpo.com